本・絵本

おもちゃの迷路 夜中にめざめるふしぎな世界 (迷路絵本シリーズ)

更新日:

こんにちは、たんぽぽねこです。

今日は今、娘が夢中になっている絵本の紹介です。
それが、こちら↓↓↓
130-1.jpg
娘のクラスの子がこの絵本を持ってきたところ、クラスで大人気に!
娘も自分用に欲しい!と言うので、買ってみました。

そうしたら…

子供よりも親の方が夢中に…(笑)
それくらい、大人も子供も楽しめる絵本でした。

内容としては、左右両ページで1つの世界になっていて、その
ページ内で迷路があったり隠し絵があったりクイズがあったり…
という内容で、ストーリー性はありません。
しかし、これが中々難しくて、大人でも夢中になってしまいます。

ちなみに義実家に持って行ったところ、娘の祖母(義母)も
一緒になってやっていました。
介護士の祖母としては、認知症予防にいいわね!との事。
子供だけでなくお年寄りにもお勧めの絵本でした。

シリーズ化しているので、他に色々出ています。
クリスマスには娘のリクエストで更に2冊追加されました。

130-2.jpg

動物の迷路

 

物語の迷路 アンデルセンから宮沢賢治の世界まで

この2冊が追加されて、現在3冊ですが、既に後で買った2冊も
制覇してしまったので、また次が欲しいと言っています。

内容的には、最初のおもちゃの迷路がこの3冊の中では一番
簡単です。
次が動物で、その次が物語かな~?

ストーリー性はありませんが、各ページだけでなく、1冊の本の
中で解く問題もあるので、結構楽しめます。
また、迷路も簡単なものと難しいものがあったりと、長く遊べる
工夫もされています。

子供にとってはかなり面白いらしく、娘は何度も読み返して
遊んでいますね。
まだ文字がすらすら読めなくても遊べるのもいいみたいです。
娘もひらがなカタカナは読み書き出来ますが、物語を読む
のは疲れちゃう様子。
でもこの絵本は問題だけ読めばいいので、そのバランスが
今はちょうどいいようです。

最近はドライヤー中や車での移動中など、ちょっとした時間を
潰すのにもいいようです。
外出するときは必ず自分で車に積み込んでいます。

親としては平仮名の勉強になるので絵本を読んでほしいと
思うのですが、こちらもいい頭の体操になるので、気分転換
にもいいかもしれません。
ちなみに、大人でも十分楽しめる内容です。

1冊1400円ほどと安くはありませんが、プレゼントするとかなり
喜ばれるので、プレゼントにもお勧めです。

他にも乗り物や昆虫、宇宙や文明、水の生物などたくさんの
シリーズが出ているので、子供が興味がある方面のものを
買うとより一層楽しめそうです。

ちなみに娘の場合、以外に興味のある分野が少なく、今は
この3冊くらいしか読めそうなものがありません。
大きくなれば文明やお化け、自然遺産などもいいのでしょうが、
まだその辺は難しそうですし…
男の子の方が、昆虫や乗り物など興味がありそうなものが
多くていいんじゃないかな、という感じです。

内容的には小学校中学年まで楽しめそうなので、娘の成長に
合わせて少しずつ買い足していきたいですね。

でも幼児なら、このおもちゃの迷路から入ると楽しく遊べて
いいんじゃないかと思います。

おもちゃの迷路 夜中にめざめるふしぎな世界
(迷路絵本シリーズ)


◆◆総評◆◆

対象年齢     特になし
親の評価     ★★★★★ 5点満点
娘の評価     ★★★★★ 5点満点
購入した時期   6歳4ヶ月
使用期間      6歳4ヶ月~

◆良かった点
・迷路や隠し絵など要素が多彩
・何度読んでも楽しそう
・大人も一緒に楽しめる
・お年寄りのボケ防止にも良さそう(祖母談)
・保育園でみんなで楽しめる
・シリーズが多く年齢に合わせて長く楽しめそう

◆イマイチな点
・文庫版は小さいので大型本がお勧め
・未就学児だと読める本少なめ?(特に女の子)
・次が欲しいと催促が…(苦笑)

-本・絵本
-,

Copyright© 赤ちゃん・幼児グッズレビュー色々 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.